【PR】




逆引き 四字熟語 四文字熟語辞典 > 猿の付く四字熟語 > 窮猿投林 きゅうえんとうりん



窮猿投林 きゅうえんとうりん


窮猿投林 きゅうえんとうりん
困っている状況の時には、あれこれとえり好みする余裕はないということ。
または、貧しいときは職を選んでいる余裕は無いということ。
「窮猿」は、逃げ場のない状況に追い込まれた猿。
「投林」は、林に飛び込むこと。
中国の東晋(とうしん)の李充(りじゅう)が言った言葉とされ、貧しかった李充は将軍の参謀に薦められたが、
それでは生活が成り立たないと判断して、報酬は多いが地位の低い地方官になったという故事から。
「窮猿林に投ずるに豈(あに)木を択えらぶに暇(いとま)あらんや
(追いつめられて林に飛び込んだ猿は、どうしてどの枝によじ登ろうかなどとかまっている余裕があろうか)」ということばによる。
「窮猿林に投ず(きゅうえんはやしにとうず)」と訓読する。





【PR】