【PR】







意馬心猿 いばしんえん


意馬心猿 いばしんえん     
煩悩(ぼんのう)のとりこになり情欲や欲望にかられ、
心の乱れを鎮(しず)めることが出来ない事。
煩悩や欲望は抑えがたいということ。
「意馬」は、馬が興奮して暴れ回る様に、気持ちが落ち着かないこと。
「心猿」は、激しく騒ぐ猿ように、気持ちが落ち着かないこと。
気持ちは馬がやみくもに走りまわるように興奮し、
心は猿が騒ぎたてるように乱れて騒ぐ、
それを制するのはむずかしいという意から。
心を乱されて落ち着かないことをたとえた仏教の言葉。





猿穴壊山 えんけつかいざん


猿穴壊山 えんけつかいざん
大きな山でも猿の穴が原因となって崩壊することもある。
(転じて)
わずかな油断や手違いで大きな失敗や損害を引き起こすことのたとえ。
「山は猿の穴に由(よ)りて壊(くず)る」と訓読する。
同義語、蟻の穴から堤の崩れ/蟻の一穴天下の破れ
類義語、小事は大事/油断大敵




猿猴取月 えんこうしゅげつ


猿猴取月 えんこうしゅげつ
自分の地位や、大したことのない能力を過信して、欲を出しすぎて身を滅ぼすこと。
井戸の中にある水面に映った月を取ろうとして、猿たちが次々と尾をつかんでぶらさがったが、
枝が折れて井戸の中に落ちて溺れ死んでしまったという故事から。
分不相応のことをして大失敗することのたとえ。
身の程を知らない行為は災難のもとだということ。
また、ばかな事をして身を滅ぼすことにもいう。
「猿猴」は、猿類の総称。
「猿猴が月を取る」と訓読する。
同義語、猿猴捉月(えんこうそくげつ)/猿猴が月/猿猴の水の月/猿猴が月に愛をなす





猿号擁柱 えんごうようちゅう


猿号擁柱 えんごうようちゅう
凄腕の弓の名人を指すたとえ。
中国春秋時代、楚(そ)王が飼っていた白猿は飛んでくる矢を掴み取る技を持っていた。
楚王は、試しに弓の達人養由基(ようゆうき)に射させてみようとしたところ、由基が弓の弦を張り矢の反りを直していただけで猿は恐怖のあまり柱を抱いて泣き叫んだという故事から。
猿が恐れて柱を抱きながら号泣させてしまうほどの弓の達人ということ。





檻猿籠鳥 かんえんろうちょう


檻猿籠鳥 かんえんろうちょう
籠に閉じ込められた鳥と檻に閉じ込められた猿という意味から。
(転じて)自由を奪われて自分の思い通りに生きることが出来ない境遇のたとえ。
同義語、籠鳥檻猿/池魚籠鳥(ちぎょろうちょう)





窮猿投林 きゅうえんとうりん


窮猿投林 きゅうえんとうりん
困っている状況の時には、あれこれとえり好みする余裕はないということ。
または、貧しいときは職を選んでいる余裕は無いということ。
「窮猿」は、逃げ場のない状況に追い込まれた猿。
「投林」は、林に飛び込むこと。
中国の東晋(とうしん)の李充(りじゅう)が言った言葉とされ、貧しかった李充は将軍の参謀に薦められたが、
それでは生活が成り立たないと判断して、報酬は多いが地位の低い地方官になったという故事から。
「窮猿林に投ずるに豈(あに)木を択えらぶに暇(いとま)あらんや
(追いつめられて林に飛び込んだ猿は、どうしてどの枝によじ登ろうかなどとかまっている余裕があろうか)」ということばによる。
「窮猿林に投ず(きゅうえんはやしにとうず)」と訓読する。





犬猿之仲 けんえんのなか


犬猿之仲 けんえんのなか
何かにつけて、いがみ合うような仲の悪さのことをいう。
日本では昔から犬と猿は相性が悪く、互いに敵視するとされていることから、非常に仲が悪いことのたとえ。





母猿断腸 ぼえんだんちょう


母猿断腸 ぼえんだんちょう
はらわたがちぎれるほどの激しい悲しみや苦しみ。
晋の武将 桓温(かんおん)が、舟で三峡(さんきょう)を渡った時、その従者が猿の子を捕らえてその舟にのせた。
母猿がそれを慕って哀しげに鳴きながら、岸を百余里も追いかけてきたところで船に飛び乗ってきた。
だがついに力尽きて倒れた母猿の腹を割いて見ると、腸が悲しみのあまりずたずたに断ちきれていたという故事による。
同義語、断腸之思





【PR】